占い師の成功は“集客”が鍵。情報配信、アフターフォローを続けてみて◎

占い全般
占い師の成功は“集客”が鍵。情報配信、アフターフォローを続けてみて◎

どんな商売でも「集客」が課題にあがることは珍しくありません。占い師も同様でどんな人気占い師も最初は顧客ゼロからのスタートです。清水真咲さんが占い師の集客とその方法について、わかりやすくお伝えします!

執筆占い師、清水真咲さん

占いビジネスを成功させたい!

占いビジネスを成功させたい!

一般的に「ビジネスの3原則」としていわれるのが、「商品」「集客」「販売」です。私たち占い師が占いのビジネスで成功するための3原則も、もちろんこの「商品」「集客」「販売」にあてはまります。

占い師でいうならば、
「商品」→「占い師自身」
「集客」→「相談者の鑑定依頼のための仕掛け」
「販売」→「実際の鑑定」
になります。
これらひとつでも成り立たなければビジネスは成功しません。

集客=知ってもらう、認知してもらう

よく勘違いしがちなのが“「商品」が良ければ売れる”と思われることです。どんなに良い「商品」=「占い師」であっても、それだけで「販売」=「人気占い師」になれるわけではありません。

まずは、私たち占い師(商品)の存在を知ってもらうこと、認知してもらうこと、が占い師としての成功につながります。

「知ってもらう」「認知してもらう」
そのための仕掛けが「集客」です。

占いを一生懸命学び、占い師になっても成功しない場合は、たいてい集客が上手くいってないことが考えられます。

「時代」に合わせた集客方法を選ぶ

集客は能力や才能ではなく、ビジネスの原理原則でありノウハウです。知識として学び、自分の仕事に取り入れていくことが大事です。

この成功するための要となる集客ですが、方法は時代によっても大きく変わります。私たち占い師は相談者様から指名をいただく仕事です。“選んでもらう”ことが重要です。

そのためには、まず自分という占い師を知ってもらうことが集客の第一歩です。集客には「マーケティング」(宣伝・誘因・教育)「ブランディング」(イメージ・信頼)が大事だといわれています。

占い自体は一般的に広く認知されているサービスです。しかし、占い師個人は認知されているものではないので、私たち占い師は個人においてのセルフブランディング、パーソナルブランディングが必要になってきます。

占い師のブランディング

占い師のブランディング

「ブランディング」とは、ブランドに対する共感や信頼などを通じ、顧客にとっての価値を高めていく戦略。ブランディングがもたらすものとしては、競合からの差別化価格のプレミアム化(付加価値)などと言われています。

占い師において、ブランディングの究極のゴールは「占いを受けるなら〇〇先生にお願いしよう」「人生相談なら占い師の〇〇先生に相談したい」「占いといえば〇〇先生」と、占いサービス=占い師の私を顧客にイメージさせることでしょう。

そうなることで相談者様は占い師のところに集まってくるわけです。

戦略的に“自分”を表現する

そのためには、
・「認知」される…占い師の〇〇さんって人がいる
・「イメージ」させる…占い師の〇〇さんの占いはよさそう、〇〇さんの占いを受けてみたい。

という流れを戦略的に仕掛けることが大事です。

そうすることで同業者との差別化顧客のリピーター化、そして占い師への信頼付加価値となって鑑定料金に上乗せすることにつながります。

なので「占い師」としての自分をどうブランディングするか?これによって集客の流れが大きく変わってくるので、ブランディングは極めて重要です。

ブランディングするための細かい内容は今回は割愛しますが、ブランディングのためには自分の強みや自分の占い師としての特徴をどう表現していくのか?

また、その構築も必要になってきます。

占い師の集客方法

占い師の集客方法

占い師の「集客方法」としては、今は本当にいろんな方法がありますよね。占い師はほとんどの場合、まず自分で自分をブランディングする方が多いでしょうから、セルフブランディング、セルフプロデュースが、集客において重要です。

このセルフブランディング、セルフプロデュースを意識しながら、さまざまな宣伝・広告の仕組みを活用していくことがキモとなります。

集客はこのセルフブランディングを踏まえ、以下の「購買心理」の流れを意識して行っていくことも大事です。

①【認知】「顧客となりえるターゲット層に占い師としての自分を知ってもらう」
②【興味・関心】「占い師としての仕事や人となりに興味関心をもってもらう・魅力を知ってもらう」
③【連想】「この占い師だったら私の悩みを聴いてもらえるかも→関わることで、もたらされる価値を連想させる・期待感」
④【比較】「他の占い師と何か違うかも→オンリーワンの存在を示す・具体的に購入を検討させる」
⑤【確信・決定】「この占い師いいかも!一度鑑定をお願いしてみよう!購入決定」

では、集客のために実際に使う「媒体」は何があるでしょうか。

集客のために活用する媒体

やはり、今はインターネットを使った無料でできる「SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)」の活用は必須です。時代やターゲットとする年代層にもよりますが、特徴を交えて代表的なものを紹介します。

集客のために活用する媒体SNS

①ブログ
②Facebook
③Twitter
④Instagram
⑤line公式アカウント
⑥メールマガジン
⑦YouTube

色々な媒体の特徴を使い分けしながら複数の媒体を“紐づけ”しながら行うのが理想的です。

ブログを書く

ブログを書く

ブログについてはアメブロやライブドアブログなどの既存ブログサービスを使う場合と、ワードプレスなどの独自ドメインを開設する場合があります。私自身はアメブロとワードプレスの両方を活用しています。

パソコンが苦手な方や手軽にブログをスタートしたい方、スマホでも簡単に投稿できるのは既存のブログサービスを活用するのがいいでしょう。アメブロなど既存のブログサービスを活用する際にはブログジャンルやランキングなどに登録することをおすすめします。そうすることでそのジャンルに興味にある方が読者となることがあるからです。

また、アメブロなどのブログサービスは投稿記事をFacebook、Twitter、InstagramなどのSNSにも自動的にリンクさせる機能があり、簡単に連動させて拡散できるのも魅力です。

特に配信した情報が蓄積するブログはある意味、ブランディングしたことがあなたの資産になるともいえます。

SNSで発信をする

SNSで発信をする

②Facebook③Twitter④Instagramは、特徴がそれぞれあります。「購買心理」の箇所でお伝えした、相談者様になってくれそうな方へ認知、連想や興味・関心を持たせるツールです。

単に、占いの仕事だけをPRするだけではなく、人柄や考え方などのパーソナルな部分も表現ができます。相談者様になられる方は「モノ」ではなく「コト」に共感して、購入にいたるといわれます。

要はあなたの占い師としての価値観世界観、ストーリーなど(コト)に共感や共通点を感じ、購買心理が育っていきます。

画像や文章を使ってSNS上でセルフブランディングした世界観・イメージを表現していくことが大事です。また、いいねをしたりフォロワーを増やす作業をしたりなども重要です。

Facebookは個人のアカウントではなく、「Facebookページ」というものが作れます。このFacebookページはコミュニティ運営にも使えますので活用することをおすすめします。

私も仕事以外でご近所のグルメや趣味などでFacebookページのコミュニティにたくさん入っています。興味のあるリアルタイムな欲しい情報が入るのでブランディングに使える媒体だと思います。

コミュニティに参加する

コミュニティに参加する

最近は「コミュニティ運営」がビジネスに欠かせないといわれています。

最初は既存のコミュニティに参加して、情報収集や同業者との情報交換などに役立たせながら、運営方法をリサーチし、やがては運営する側になることがいいでしょう。令和時代の究極のブランディングの手法だと思います。

不特定多数の方に認知をしてもらう、そこから興味・関心を持ってもらい、共感してくださった方をコミュニティに誘導して情報共有をしていく。先ほどお伝えした、Facebookページもそうですし、Line公式アカウント、メールマガジンなどもコミュニティづくりに活用できます。

コミュニティはあなたの価値観・世界観に合った方たちが入ってきますので顧客になる方、ファンのような存在の方たちになってきます。

しかし、これらのSNSを活用しての集客はすぐには結果がでません。試行錯誤しながら投稿を続けていくことも重要です。“上手くいっている人”のSNSを参考にしてどういう魅せ方をしているのか研究することも大事です。

コツコツと積み上げていくなかで、ある程度のフォロワーや読者が増えれば、あなたのファンになってくださるような相談者様が出てきます。

よくSNSが苦手だ、どのように投稿したらいいのか分からないと言われる方がいますが、仕事には欠かせないマーケティングとブランディングの両方が無料で使えるツールです。

基本的なSNSの各特徴を知ること、配信も仕事のひとつであるという意識を持つこと、知らないことを知るということを、楽しみながら続けることが大事だと思います。

オンライン占いに登録

オンライン占いに登録

他に私が占い師初心者の方や占い師としてこれからバリバリやっていきたい方におすすめしているのは、オンラインで占いサービスを提供できるプラットフォームの活用です。

実際にセルフブランディングをしながら、相談者様への鑑定サービスを提供できる便利なプラットフォームは10年前にはありませんでした。オンライン占いのプラットフォームが登場してきたことで、占いビジネスを成功させるチャンスが広がったと思います。

“上手い人”を分析、真似る

例えばウラクルでしたら、相談者が見る占いメニューや料金、占い師のキャッチコピー、プロフィール文、相談者へのメッセージ、アイコンの写真など、占い師自身がカスタマイズして設定できます。

どう相談者様へ自分のサービスがより伝わり、選んでもらえるのか、マーケティング、セルフブランディングを実務に落とし込めます。

参考にするのはやはり、上手くいっている人がどういう伝え方、魅せ方をしているか分析して、真似てもいい部分はしっかり真似ていくようにしましょう。

リピーターとの関係づくり

リピーターとの関係づくり

試行錯誤しながらセルフブランディングをしていき、集客してつながった相談者様。もちろん提供した鑑定サービスに満足をしていただくことはもちろんですが、リピーターになり、紹介をいただく“流れ”も必要です。

そのために必要なことは「感謝」「FOR YOU」を形として伝えること。

個別のアフターフォローサンキューメール、メルマガやLINE公式などにて有益かつ無料情報を配信しながら、初めての相談者様からリピーター、ファンになってもらえるような関係性を育てるプロセスも重要になってきます。

鑑定を終えたら、はい、サヨナラではなく、ご縁を大切にしながらまた鑑定を受けたいときには真っ先に占い師のあなたが浮かぶような信頼感・安心感・身近な存在であることを感じていただくことが大事です。

SNSやネットを通じて間接的にでも接触回数を多く持つことがリピーターの相談者様との関係づくりにもなるでしょう。

人気占い師もゼロからの始まり…

どんな人気占い師も最初は相談者がゼロ

ずばり、占いビジネスの成功の鍵は「集客」なんです。集客のために必要なのはマーケティングとブランディングです。ブログやSNSを複数組み合わせて根気よくコンスタントに続けてみてください。

どんな人気占い師も最初はゼロからのスタートなのです。あなたの世界観に共感してくれるコアなリピーターづくりに挑戦していくことも占いのスキル、そしてビジネスのバージョンアップにもつながりますよ。

オンライン占いサイト、ウラクル