【五行占い】相性診断で十干の本質を知り、恋愛上手を目指す!

占い全般
【五行占い】相性診断で十干の本質を知り、恋愛上手を目指す!

算命学について、前回までに陰陽五行について解説しました。今回はこの自然界のシステムを活かした相性占いのやり方をご紹介します。恋愛はもちろん、職場、家族のコミュニケーションにも役立てることができますよ。

執筆占い師、調宮あお衣さん

陰陽五行を使った相性占い

算命学は元々国家の為の学問でした。国が力を最大限に発揮し、豊かになっていくにはどうすれば良いのかを体系化したものです。パートナー、親兄弟といった身近な人から、仕事のチーム、友達、先生等とのコミュニケーションがスムーズになれば自分という“小国家”を発展させていくことができます。

陰陽五行を使った相性占い

人間関係の複雑さは時に大きなストレスやダメージにもなりますが、それをどう超えていくのかも国家戦略の一つです。色々な経験や学びを携えながら良い関係性を位置付けることができれれば、人間関係からもたらされる幸せの可能性は無限、ということは言うまでもなくですね。

陰陽五行と自分の十干の質について知ったからには、運命をつくる最たる要素「人間関係」にこの自然界のシステムを活用していきましょう。人生で出会う多くの人々全てを陰陽五行の関係性に置きかえて考えることができるのです。

陰陽五行を使って人間関係を知る

五行図

「花」は花だけでは存在できず、「雨」だけで雨を生み出すことはできない。この自然界の関係が陰陽五行の「気」の流れである、甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)十干(じっかん)は生かされ支え合い、完璧なバランスを取っています。

自分を知り、相手を知り、さらにお互いの間を流れる関係性の「気」を知ることで心を穏やかに保ちやすくなり、自分の心の持ち方で周囲の気の流れをベストな状態に整えることができます。

自然界の力は自然の気を発揮しているところに働きます。自然の姿に沿わない流れは修正しようと働き、摩擦が起きます。自然の役割を果たしているところには自然界本来の力が注がれ物事が美しく巡り、人々は実りと収穫を得ます。整った心が持つ気の流れには、必ず良縁が訪れます。

陰陽五行における相性の考え方

陰陽五行における相性の考え方

五行説は、自然界に存在する全ては「木火土金水(もくかどごんすい)」の気質に分類され、その気質間の流れは、「相生(そうじょう)・相剋(そうこく)・比和(ひわ)」の関係で成り立っています。陰陽説でも万物は陰陽の二元素に分類されると考えられています。

「木火土金水」にもそれぞれ陰陽があり、その十種類を符号化したものが「十干」です。

 
乙(おつぼく)丁(ていか)己(きど)辛(しんきん)癸(きすい)
甲(こうぼく)丙(へいか)戊(ぼど)庚(こうきん)壬(じんすい)

相生の関係

「木生火(もくしょうか)」=木で火を起こす
「火生土(かしょうど)」=火が燃え尽き灰(土)になる
「土生金(どしょうきん)」=土から金(鉱物)が生まれる
「金生水(きんしょうすい)」=金が冷えて水が生まれる
「水生木(すいしょうもく)」=水で木が育つ

生み出す→生み出される気質相手は、親子関係のようにも表されます。自分が生み出したものは気持ちを傾け助けたくなり、自分を生み出したものには親しみを感じ頼りに思ったり支えたりすることが自然にできます。

相剋の関係

「木剋土(もっこくど)」=木の根は土に割り込む
「土剋水(どこくすい)」=土は水を濁らせる
「水剋火(すいこくか)」=水は火を消す
「火剋金(かこくきん)」=火は金を溶かす
「金剋木(きんこくもく)=金は気を切る

「剋す(こくす)」とは、鍛える、攻める、押さえつけるという意味です。無意識にお互いに刺激を与え合う関係になります。

比和の関係

木=木」「火=火」「土=土」「金=金」「水=水」の通り、同じ気質同士の関係です。お互いを理解しやすいため、通じやすく良好な関係になるか、似ているがゆえに役割を奪い合い、反発し合う関係になるかのどちらかになります。

人間関係のバランスを知り、利用する

陰と陽は常に引き合う関係だということもポイントです。これだけ見ると「相生=良い」「相剋=悪い」「比和=普通」ということかな?で終わってしまいますが、それだけで終わらないのはご想像の通りです。

周囲の人達を一旦この五行図に当てはめて見ると、自然界から割り振られた相関図が出来上がります。「木(甲・乙)」の人が、自分らしく伸び伸びしたい時には、「水(壬・癸)」の人との関わりを増やしたり、自分を磨いてスキルアップしたい時には「金(庚・辛)」の下に付いたりというやり方です。

また、バランス的に周囲に「火」が多すぎるな、というときは「火生土」の仕組みを使い、「土(戊・己)」の人との関わりを増やすと火のエネルギーを土に流せるのでバランスが取りやすくなります。このような調整方法は会社や仲間など、複数の人間関係には有効ですが、人生で大きな影響を受ける一対一の関係、夫・恋人・仕事上のパートナーとの相性ではさらに踏み込んで知る必要があります。

十干の本質から見る男女の相性表

今回は特に恋愛・結婚の男女関係についてお伝えしていきます。まずは下記の表からパートナーと自分の間に流れる気質の概要を捉えてみましょう。

十干の本質から見る男女の相性表

【表の見方】

●=恋愛も結婚も大凶。男性の方が強い組み合わせ。
▲=恋愛も結婚も大凶。女性の方が強い見合わせ。恋愛は究極の恋が破壊の恋となり、燃え上がるものの結果大凶となる。

●=恋愛も結婚も大吉。お互いを気づかいながら切磋琢磨する組み合わせ。
▲=恋愛も結婚も中吉。きょうだいのような組み合わせ。喧嘩しても仲直りできる二人。

●=恋愛も結婚も小吉。女性に助けられる組み合わせ。優しい相手ではあるが経済力に乏しい相手。
▲=恋愛は大吉・結婚は小吉。男性に助けられる組み合わせ。

●=恋愛は小凶・結婚は中凶。いい時と悪い時が激しい組み合わせ。女性が主導権をとる。
▲=・恋愛は小吉・結婚は小凶。似たもの同士で最初は良い感じだが徐々にトラブルが。お互いの運気が同じになるので、恋人には良いが結婚相手には良くはない。

●=・恋愛も結婚の相性も中凶。いい時と悪い時が激しい組み合わせ。男性が主導権をとる。
▲=恋愛は小吉。結婚は小凶。刺激的な相手。恋人としては良いが結婚相手としては疲れる相手。

十干の恋愛傾向・おすすめアプローチ法

十干の恋愛傾向・おすすめアプローチ法

十干の気質は本能的な自分らしさを表します。ここでは女性が持つ10種類の愛の傾向と、十干それぞれの相手(男性)と良い関係をつくるアプローチ法をお伝えします。

甲)大樹女性の愛の傾向

大樹女性は真面目で正直。自分の世界やプライドを守ることに重きを置くため、恋愛には臆病になりがち。もし傷付いたり、自分のペースを乱されたりすることが一度でもあれば、立ち直るのに時間がかかってしまう自分の性質を知っていて、最初の一歩がなかなか踏み出せません。恋愛や結婚願望は強いはずです。要領よく振る舞えない誠実さがあなたの魅力です。早い段階で勇気を持って行動に移すことで、上手く行かなかったとしても、後からのダメージを最小限にできできます。それと同時に打たれ強さと自信も手に入れることができます。リスクを取る勇気を持ってください。また、男性からのアプローチに鈍感なところもあるので人の話はよく聞きましょう。

大樹男性へのアプローチ

大樹男性は自分をしっかりと持っています。恋愛を楽しむことができたとしても、なかなか本気にはなりません。ですが「この人」と決めると長く誠実に愛情関係を育みます。大樹の男性の本命になりたいなら、簡単に体の関係を持たないことが必須です。一見温和であっても自分のペースを乱されるのを何より嫌います。答えを急かされることやマメさを求められると疲弊して一人の世界へ帰ってしまいますので、自分の中の母性を発揮し、大きな器と温かさで接しましょう。

乙)草花女性の愛の傾向

算命学では「草花」は理想の女性像とされています。それは包み込むような優しさと芯の強さをかね備えた性質からです。数々の男性に好意を持たれますので、その気になれば恋愛も結婚も思いのままです。そんな草花女性が失恋を繰り返しているなら、それは相手に尽くしすぎている事が原因。一生懸命になるほど嫉妬心も強くなりやすい傾向があります。サービス過剰にならないのが長続きするコツです。持ち前の芯の強さを発揮して自分も相手も信じ、関係性を育てましょう。

草花男性へのアプローチ

草花男性が一番大事にするのは仲間や友達との交友関係です。恋人との時間を優先するタイプではないので、そこに不満を持つと良い関係が築けません。不平不満や愚痴を長々と聞かされるのも苦痛になります。いくら親しくなっても愚痴やネガティブな感情をぶつけないように心がけましょう。自分の友達と一緒にその場を楽しめるような女性が彼の理想。交友関係が広く面倒見が良い性質ですので、女性に勘違いされることも度々ありますが、草花男性の優しさと明るさを愛していきましょう。

丙)太陽女性の愛の傾向

太陽女性は温かくて情にもろい人なのですが、太陽が万物の中心であるようにいつも自分中心に物事を考えがちです。熱しやすく冷めやすい、常に感情のおもむくままに動き回るのが本来の姿です。明るすぎて隠し事ができず複雑な話も苦手。十干の中で唯一地球から離れて存在する太陽は、誰からの助けも得られない孤独な面もあります。一人ですべての人に明るさと希望と与え続ける宿命を持っています。そんな太陽女性が本気で結婚を目指すなら、出会って3ヶ月以内に結婚に踏み切ることです。お見合い結婚の方が成功率は高くなります。

太陽男性へのアプローチ

太陽男性は自由で大らかな明るい人。予定を細かく決められたり、指示をされると息が詰まります。嫉妬はしても束縛は厳禁。その場のノリを楽しんで些細なことにも無邪気に喜べるような女性を好みます。「一緒にいて楽しい」が大前提ですから、なるべくフラットに自然体で接するように心がけましょう。美味しい食とお酒が大好きな傾向があるので、グルメな彼が喜ぶような面白いコンセプトのお店に誘ってみましょう。余程苦手なタイプからの誘いでなければ、あまり深く考えずに応じてくれますので、二人の時間が作りやすいでしょう。

丁)灯火女性の愛の傾向

灯火女性は縁のある人には親身になって面倒をみる優しい人です。興味のない人にはあまり構わないものの、誰に対しても丁寧に接します。いつもは穏やかですが、胸に秘めた熱い火が発火すると自分でも手に負えなくなります。ロマンティストでもありますから、めくるめく恋に心酔しすぎて火傷することも。恋人には自分の言葉で話せる相手を選びましょう。背伸びをしたり見栄を張ったりしなくてもいい、一緒にいて楽な相手が灯火女性にとって一番大切な人になります。不満やストレスは溜め込まず、小出しにケンカをすることが長続きするコツです。

灯火男性へのアプローチ

灯火男性は繊細で独創的な自分の世界を持っています。完璧主義で他人から干渉されたり束縛されるのが苦手。意に沿わないことを言われると顔に出したり、反発心を表すことも。好き嫌いもはっきりしていて近づきがたい雰囲気ではありますが、自分が繊細な分、周囲に細やかな配慮ができる人です。打ち解けた相手にはとても優しく尽くします。感受性と美的感性の豊かな灯火男性に好印象を与えるには、思いやりある気遣いと美しさが必須です。センスと外見を磨き、芸術系の作品や料理などの創作物に関する会話で距離を縮めましょう。

戊)山岳女性の愛の傾向

山岳女性は本質に無償の愛を持っています。サービス精神が旺盛で、頼まれごとを断るのが苦手です。自ら動かずともその風格と優しさで人と財を引きつけます。無理なチャレンジをすることはなく、スピード感にこだわらず、足元を固めてから行動を起こすタイプ。その為人生には安定感がありますが、恋愛となるとチャンスを逃しやすい傾向があります。もし何かの出会いがあった時はその日のうちに行動を起こすようにしましょう。本当に望むものに限って目の前を素通りしていく経験が、今までにもあったはずです。他人のことばかりでなく、自分の幸せのためにも引きつけ力を発揮しましょう。ボランティア活動での出会いも吉です。

山岳男性へのアプローチ

山岳男性はどんな人にも優しく愛情深いので女性によくモテます。周囲から頼りにされるリーダー気質。寂しがりやの愛されたがりですので、束縛されたりヤキモチをやかれることも嫌いではありません。困っている人や弱い立場にある人を救いたい気持ちが強いため、特に女性を無下にはできません。相談事に乗ってもらうことで距離が近づきます。注意することは山岳の性質が偏ると、愛情と同情を混同してしまう事があったり、好かれると断れず、交際が始まってみたら他にも彼女がいた、という事も。魅力的な男性ではありますが、言葉ではなく行動と価値観をしっかり見極めましょう。

己)田畑女性の愛の傾向

田畑女性はあらゆるものを受け入れる心の広さを持っています。本質は庶民的な気さくなタイプで誰からも好感を持たれます。ですが内面には複雑なものを秘めていますから、周囲が思うほどお人好しではありません。誰にでも優しく穏やかに接することはできますが、本心を見せるのが苦手で好きな人に想いが伝わりにくい傾向があります。手にする前から失うことを恐れず、大切な人の前では素直になってみましょう。田畑の女性には小さなキッカケから関係性を良好に育てる能力があります。

田畑男性へのアプローチ

田畑男性は基本的に真面目なリアリストです。堅実に財産を蓄えていきますので無駄遣いはしません。派手なことが苦手で家庭的な落ち着いた雰囲気を好みます。人の話は穏やかに聞いてくれますが、自分のことはあまり話しません。無理に距離を縮めようとせず、顔を合わせる回数や軽いメッセージのやりとりなど、関わる頻度を積み重ね、信頼関係を深める事が第一段階です。ドタキャンや人を振り回すわがままには一気に気持ちが冷めてしまいますので、誠実な対応を心がけましょう。

庚)鋼鉄女性の愛の傾向

鋼鉄女性はお世辞を言うことも甘えることも苦手です。本音で向かいすぎて誤解を受けることもありますが、根は優しくて情があり、どんな時でも相手のことを考えて行動する人です。正義感が強く、恋愛においても正しいか正しくないかの感情が先に立ち、損をすることもしばしば。鋼鉄女性の本当の魅力が伝わるには時間がかかります。すぐに結論を出さず、相手の言い分も聞いてあげましょう。鋼鉄は逆境によって磨かれます。恋人とも長い時間をかけて関係を作り、すぐにカリカリしないこと。鋼鉄女性の人間味あふれる内面と、女前なカッコ良さを知ることができた男性は、一生あなたについて行こうと思うことでしょう。

鋼鉄男性へのアプローチ

鋼鉄男性は仕事ができる人です。他の人が嫌がるような難題にも果敢に挑戦する気概があります。正直で男気あふれる人なので、優柔不断な人や何を考えているか分からない女心は苦手。ストレートに気持ちを伝えていきましょう。思わせぶりな態度や駆け引きはかえってマイナスになります。言いたいことを言い合える関係を好み、意見がぶつかっても後はさっぱりしていますから、遠慮なく仕掛けていきましょう。スポーツやアウトドアを一緒に楽しむと関係性も盛り上がります。

辛)宝石女性の愛の傾向

宝石女性は自分にも他人にも理想を高く持っています。教養や感性を高め自分を磨けば磨くほど、自分という原石が美しく輝きます。パートナーに求める理想を高く持つなら、自分自身も同じレベルにならなければ望む出会いはありません。自分が美しいと思う環境や人間関係に身を置くことが大切です。自尊心が高く、傷つけられることには極端に弱い性質です。汚れた部屋や不健全な人間関係には、人一倍影響を受けやすいことを知っておきましょう。持って生まれた幸運がありますから、自分を磨くことを忘れなければ理想の恋人も、時期がくれば自然に現れます。結婚は自分とつり合いの取れた相手を選ぶことが幸せをつかむコツです。

宝石男性へのアプローチ

宝石男性は世間体を大切にし、周囲からの評価を重んじます。自己中心というのではなく、世の中の役に立ちたい想いが強いためです。世の中での評価が高いという事は世の中に貢献しているということになり、そのために人一倍ストイックに努力します。個人的な感情よりも組織全体のバランスのために行動します。クールに見えるかもしれませんが、それも傷つきやすい繊細さをガードするためです。ですから一緒にいる女性にも見た目や言葉遣いの美しさを求めます。どこに出しても恥ずかしくないことがパートナーの第一条件。宝石男性は特別感にも弱いので、自分を磨き「簡単には手に入らない女」になって彼の前に現れましょう。

壬)大海女性の愛の傾向

大海女性はゆったりとした大きな心と、あらゆるものを飲み込んでしまう包容力があります。常に動いていないと清い水を維持することができないため、どこでも流れていける自由な生き方を望む人です。女性としての魅力に溢れ、恋愛には事欠きませんが、一人の人に留まる気配がないため、結婚相手としては不安に思われてしまうことも。大海女性としても型にはまった結婚生活では窮屈に感じますから、結婚を望むのであれば、一般的な「妻」の姿を目指さず、お互いに自分の世界を持ち、自由を尊重し合える相手を選ぶ方が良いでしょう。とはいえ、何でもいうことを聞いてくれる相手は後々トラブルになりやすいので気をつけましょう。

大海男性へのアプローチ

大海男性は好奇心旺盛で人見知りをしないタイプです。国際的な感覚でいつも自由に人生を楽しみます。決まり事や体制に縛られるのが苦手でじっとしていられません。好きなことにはとことん打ち込みますが、興味がなくなるとあっさり手放してしまいます。根っからの自由人ですがあからさまな反発はしないため、何を考えているのか分からないと思われることも。大海男性の非凡な才能を受け入れ、その個性を一緒に楽しんでくれる女性が理想です。彼の好みに合わせることではなく、あなた自身も向上心を持って色々なことにチャレンジしていく姿を見せることで、大海男性の心を引きつけ、絆も深まっていきます。

癸)雨川女性の愛の傾向

雨川女性は感情表現が乏しく、理論派に見えますが本質は慈愛に溢れた母性愛の強い人です。水の性質はどんな環境や人にも合わせられる順応性がありますから、愛情を注ぐ相手に巡り会うと相手の望む通りに尽くすことができます。それが良い方に働けば良いのですが、尽くす相手を間違えると甘やかしすぎのダメ男に育ってしまうので、注意が必要です。心の深さの分、気持ちの切り替えに時間がかかり、別れた恋人をいつまでも引きずりがち。一度考え出すと、悪い方へどんどん落ち込んでしまうのも雨川女性の性質です。新しい出会いを逃してしまう前に古い思い出は水に流してしまいましょう。

雨川男性へのアプローチ

雨川男性はスマートで何事もそつなくこなす頭脳派です。内面の素直さや優しさをあまり表には出しません。全てにおいて理由や根拠を求め、知らない物や意味の分からない事には不安を感じます。雨川男性と話をする時は、なぜ、どうして、どのくらい、といった説明を心がけましょう。「なんとなく」「適当に」はNGです。納得したら一気に心を開き、持ち前の段取り能力や知識を発揮し、楽しい時間作りに協力してくれるでしょう。スケジュールを守りたい人ですから待ち合わせ等、時間にルーズにならないように気をつけましょう。

陰陽五行の相性占いは16種類も!

陰陽五行を基盤とした算命学では、相性占技だけでも16種類以上の見方があります。十干は人の本質を表し、今回はその宿命的な相性についての解説をしましたが、この他にも性格の相性、価値観の相性、行動の相性、身体の相性、運勢の相性などがあります。また、同じ相手でも出会った時期によっては影響が変わってきます。

そもそも算命学では結婚相手と恋愛相手は全く別の占い方をします。恋愛の延長線上に結婚があると考えないのです。そんな占いで、さらにそれだけの種類がありますから、鑑定結果に100%良い相性も100%悪い相性もなかなかありません(ごく稀にあり)。

自然界をお手本にしてつくられた算命学は一人の人間、一つの関係性の中にも自然界の姿を見ます。自然界には見渡す限り様々な側面がありますね。今の二人が自然界に応援される方法を、様々な視点の占術が教えてくれます。

【宿命の配偶者】十干の化学反応

【宿命の配偶者】十干の化学反応

2H2 + O2=2H2O 水素と酸素が化合すると水になる。というような化学反応は人と人の間にも理由なく起こります。算命学上の法則の一つにも「干合(かんごう)現象」があります。

干合するペアは決まっていて、その二つの十干が結ばれることで別の気質に変化します。どんな関係にも該当しますが、その現象が夫婦の形を表していることから、特に結婚関係の相性を見るときに使います。

大樹―田畑 
太陽―宝石
山岳―雨川
鋼鉄ー草花
大海ー灯火

干合の相手は磁石の関係と言われ、相性の良し悪しを超えて引き合うことから「宿命の配偶者」と呼んだりします。確率的には10人に1人ですが、縁の強い相手です。相性表で相剋の関係の一部が大吉●となっているのはこのためです。

繰り返しになりますが、相性はこればかりで見るのではありません。今まで好きになった彼はみんな干合相手だったのに長続きしなかった、恋人の浮気相手を調べたら全員彼と干合だった。という困った話もあります。干合相手でも上手く行かない二人、凶でも上手くいく例は沢山あります。

縁の強さと相性の良さは違うというのは本当です。強い縁が必ずしも良縁とも限らず、腐れ縁には注意したいところです。水を差すようなことばかり言ってしまいますが、占いは視野を狭めるものではなく、最終的に運命の枠を超えるためにあってほしい、私の個人的な願いがあります。

算命学の基本理論「三極構造」肉体・霊魂・心

算命学の基本理論「三極構造」肉体・霊魂・心

算命学には「三極構造」という基本理論があります。三極とは「肉体、霊魂、心」のことです。「肉体(現実)」は陰の占いで表し、「霊魂(精神)」は陽の占いで表します。この二つを結びつけるものが「心」だと考えます。この三極を一緒にして判定しなければ人間の真の運命を判定することができないと言われています。つまり占いを受ける人にも提供する人も“心の作用”が重要な意味を持つということです。

宿命を知り、今の環境関係を現実的に受け止めた上でどう向き合っていくのか。同じ生年月日でも、状況が全く違うのは心の在り方の違いがあります。国の繁栄も、個人の幸せも現状維持では現状を維持できません。幸せな恋愛も、幸せな結婚も、あなたを幸せにするのはいつもあなた自身です。占いという最強のサポートツールを使いこなし、至極の幸せを手にしていきましょうね。

オンライン占いサイト「ウラクル」