前世の記憶ってある?前世を知れば「今」が変わる!

占い全般
前世の記憶ってあるの?前世を知れば「今」が変わる!

「あれ…この場所懐かしい…」「この人会ったことがある気がする」初めて行った場所や会った人で、なんとなく懐かしい感じがすることはありませんか?もしかすると「前世」で深い関わりのあった場所や人かもしれません。今回はそんな前世について、占い師の美依子(みいこ)さんが詳しく解説します。 

前世とは?

「前世・現世・来世」という言葉があります。現世とは今を生きる「あなた自身」のことを指します。来世は今のあなたの肉体が滅びたあと(亡くなったあと)に、魂が次の肉体に転生した「あなた自身」を指します。前世とは、現世を生きるあなたに転生する前のあなた自身を指します。過去世とも呼んだりします。

前世とは?

肉体は滅びたとしても魂は滅びません。魂は転生を繰り返している、と言われていて、この現象のことを「輪廻転生(りんねてんしょう)」と言います。では、なぜ人は輪廻転生を繰り返しているのでしょうか?それは一つ一つの魂が「業(カルマ)」を背負っているからと言われております。

業と聞くと悪いものを感じる方が多く「前世で犯した罪を背負って現世を生きる」という意味に感じるかもしれませんが、魂が背負う業とは、その魂の持つ「使命」を意味しますので悪い意味はありません。人は輪廻転生を繰り返しながら魂の成長をし、その使命を全うするのです。

しかし、前世で行った善行も悪行も魂が引き継いでいくために、あまりにも悪いことをした人(人殺しなど非人道的行為)は地獄で魂を浄化された後、転生するとも言われております。ただ、このあたりの解釈は宗教によって若干異なるということは前置きしておきます。(仏教でもキリスト教でも共通して「地獄」という考えがあります。)

また、輪廻転生に仕組みはいたってシンプルです。肉体が滅びた後、魂が選ぶ休息期間を経て、また次に肉体へと転生していく、と言われております。稀に新しい魂を持って生まれる人もいるため、現世の自分が魂のスタート、という場合もあります。

前世と現世の繋がり

前世と現世の繋がり

今までに行ったことのない場所、会ったことがない人でも何となく懐かしい感じを覚えることがありませんか?そのような場合は“前世で深く関わっていた場所や人”の可能性が高いです。また、前世で何か大きな心のトラウマや傷を抱えてしまった場合は、それが現世でも反映されている場合があります。

私の経験を例にお伝えすると、私の前世は“巫女”です。最後は「火あぶりの刑」で亡くなっています。そのため現世の私は今でもが怖く、かろうじてガスコンロは使うことができますが、マッチやライターを使うことができません。子供の頃は理科の実験で苦労しました…。また花火も怖く、いつも兄弟や友達が花火を行っているのを遠くから眺めていました。

私は前世の記憶をある程度思い出しているので「火が怖い理由」を知っていますが、多くの人が前世の記憶を覚えていません。そのため、理由はないけど怖い、トラウマだ、ということは、もしかすると前世で何か大きな恐怖やトラウマを抱えてしまったから、かもしれませんね。

現世で深い関わりがある人は、前世でも深い関わりがあることが多い

現世で深い関わりがある人は、前世でも深い関わりがあることが多い

あなたの身近にいるご両親兄弟姉妹、友人、パートナーなど深く関わっている人たちがいるかと思います。その方々は前世でも深い関わりがあった可能性が高く、その方々たちを「ソウルメイト」と呼ぶことがあります。ソウルメイトとは「魂の仲間、家族」という存在です。ソウルメイトとは、あなたの魂の成長に“重要ななにか”を教えるために出会います。そのため、ソウルメイトに出会うと、あなたの人生は大きく変わり始めます。

しかし、ソウルメイトに出会ったからといって必ず良いことが起こるわけではありません。何度もお伝えしているように、ソウルメイトとの出会いは「魂の成長」のためなので、悲しい思いや辛い思いをすることも多々あります。しかしそれを乗り越えた先に、大きな魂の成長があるため、考え方や生き方が大きく変わってきます。ソウルメイトは数人存在していて、男女ともに存在します。人生の転機を迎えるときに必ず出会い「成長」を与えてくれます。

「大きな変化」をもたらす前世の記憶

「大きな変化」をもたらす前世の記憶

多くの人は前世の記憶にフタをして現世に転生します。それは前世の記憶を受け継いだままだと、現世での学びに繋がらないためです。わかりやすくゲームに置き換えてみると、前世の記憶を持ったまま転生してしまうと、「強いまま新しいステージを始める」という状態です。経験値が高いままだと学びも成長もないのです。

しかし、そうは言っても自分の前世について知りたい!と思う方も少なくはないと思います。そこで自分でできる前世を思い出す方法、前世について知ることで得られるメリットなどをご紹介していきます。

自分で前世の記憶を知る方法

前世の記憶を知る方法は大きく分けて2つあります。それは「自分でどうにか頑張って思い出す」「前世占いや霊視を頼る」です。まずは自分で前世を思い出す方法をチェックしてくださいね。

1.    何度も見る同じ夢をメモ

子どもの頃からなぜか分からないけれど同じ夢を見ることはありませんか?「同じ場所、同じ風景、同じ出来事」の夢を何度も見ている場合は、夢の中で前世の記憶を思い出している可能性が高いため、忘れないうちにメモに残しておくことをおすすめします。

2.    懐かしいと感じる場所や物事を記録

先でも何度もお伝えしている懐かしいと感じる場所や物事は前世で大きな関わりがあった可能性がかなり高いです。どんな場所や物事に強く惹かれたか、を記録していくことで前世の記憶と繋がることがあります。

3.    原因不明の恐怖やトラウマに注目

前世で心に負ったトラウマや恐怖心は現世でも受け継いでいることが多くあります。私のように火で亡くなった人、または大きな火傷を負った、などという場合は「火が怖い、火を見ると不安になる」、溺れた経験がないのになぜか「水が怖い」という人もいます。

転生前の魂の休息期間が短かった人の場合は「戦争映画を見ると気分が悪くなる」という方もいます。このように原因不明だけどなぜか恐怖を感じたり、心の傷を感じたりする経験は前世で負ったことが考えられます。

4.    瞑想をして潜在意識と繋がる

瞑想とは忙しい日常から思考を離し、自分の持つ意識や感情に耳を傾ける行為です。最初は頭を空っぽにして、心を落ち着かせるイメージで行います。瞑想を重ねていくと自然と自分の潜在意識へと繋がることができます。潜在意識にはもちろん前世の記憶も眠っているため、自然と前世の情報を得ることができます。

以上が自分で前世の記憶を思い出す方法です。かなり時間もかかり、人によっては「そんな夢見たことない」「懐かしいと感じる場所なんかない」という場合もあると思います。もっと早く前世について知りたい!そんな人には前世占いや霊視、催眠によって前世の情報を得ることをおすすめします。

【過去世リーディング】【特別価格1,000円/30分】潜在意識にあるトラウマを開放しませんか?⚡
【初回限定】彼はわたしのソウルメイト?前世の繋がりがわかります
あなたの前世についてオラクルカードでリーディングします。

「前世占い」で問題解決◎

「前世占い」ならすぐ、ハッキリ!

前世占いでは様々な占術を使って、あなたの魂が持つ「使命」「業」、そして前世で学んだこと、現世で学ぶべきことが分かります。もしハッキリと「前世はなんだったのか」知りたい場合は、霊視をおすすめします。

肉体ではなく魂を視る霊視では前世やその前の前世まで見ることができる場合もあります。そのためハッキリと「前世では何をしていた人なのか」教えてもらうことができますよ。 

前世を知って人生を円滑に

前世を知ることで得られる大きなメリットは、現世で起きている問題解決の糸口になる、ということです。家族間や恋人、友人などを上手くいっていない場合、前世で何か課題を抱えて現世に転生している場合が多いため「どうすれば仲良くできるのか」というヒントを得ることができます。

自分の前世を知ることで、人や物事に対する考え方も変わるため、より円滑に人生を進められるようになりますよ。前世を知って人生が変わったケースをいくつかご紹介します。

1. 何度も夢でみた私の前世「巫女」

1. 何度も夢でみた私の前世「巫女」

先でも少しお伝えしたように私は前世の記憶を人生の途中で思い出しました。元々、霊能者の家系で祖母に物心ついた時から「前世は巫女さんだよ」と言われていたので記憶はなくとも知ってはいたのですが、記憶がありませんでした。しかし、記憶を思い出すきっかけとなったのは私が小学二年生の時に見たがきっかけで今でも鮮明に覚えています。

夢の内容を簡単に紹介すると、巫女として仕えていた時に戦が起き、火あぶりの刑で処刑される、というものでした。それから何度もそのことに関連する夢を見るようになり、前世の記憶だと確信しました。私の場合は魂の休憩期間がかなり長いようで、夢の場所は日本の京都で時代は平安になります。転生した先も霊能者家系で、どの時代でも巫女のようなことをして人や神様に奉仕する使命があるのだな、と悟り今に至ります。

私は何度も夢で見ることでそのことに確信し、現世での私の使命や学びを理解し、日々それに向かって努力することができています。また、誰もが一度は思う「なぜ自分は生まれたのか」という考えに対する答えを得ることができたので、辛いことが起きても前向きに生きていけるように変わりました。

2. 前世で悲しい恋をした女性

2. 前世で悲しい恋をした女性

祖母から聞いたお話をします。その女性の悩みは「どれだけ恋愛をしても上手くいかない」というもので、あまりにも恋愛が上手くいかないため、自分の前世に原因があるのではないか、と思った女性が相談をしにきたようです。

女性が語っていたのは「悲しい時は水辺に行くと自然と心が落ち着く」というものでした。前世を霊視した結果、その女性は前世で「愛していた男性」と離れ離れになったまま、最後は寂しさ故に池に身を投げて亡くなった方でした。

愛していた男性とは愛し合っていたのですが、お互いの身分や男性の職業などを理由に離れ離れになってしまったようで、再会の約束をしていました。しかし、何年待っても再会することはできませんでした。それで女性は男性との思い出の場所の「池」に行き寂しさを紛らわせていたようです。寂しさが積もりに積もり、最後はその思い出の池に身を投げたようです。

水辺に行くと心が落ち着くのは、愛していた男性との思い出の場所であり、寂しさを紛らわした場所だからなのです。池で亡くなっているのでトラウマとなりそうですが、この女性の場合は男性への愛と思い出が勝っていたのと、池で亡くなったのは自分の意志だったのでトラウマにならなかったようですね。

この女性は彼女の前世をお伝えし、前世を思い出すことで、恋愛が上手くいかない理由を知ることができました。恋愛が上手くいかなかった理由は、前世で感じていた「寂しさ」を現世でも引き継いで転生し、その寂しさを埋めるために様々な男性と付き合っていたのですが長続きしなかった、ということが理由です。理由が分かったその後に、無事に前世で愛した男性を見つけて幸せな恋愛、結婚をされたようですよ。 

基本的に前世と深い関わりがあった方々は自分の近いところで転生している可能性が高く、この女性は“前世の自分と向き合う”ことで「自分には心に決めた人がいる」ということが分かり、ソウルメイトである彼と出会えたのだと思います。

以上が実際に前世を知って人生が好転した例になります。もし原因は分からないけど何か上手くいかないことがあったら、それは前世が関係しているかもしれませんね。

前世・現世・来世は繋がっている

前世・現世・来世は繋がっている

同じ魂が輪廻転生を繰り返します。前世でも今のあなたと似たような性格、思想、容姿をしていることがほとんどなのです。前世では経験できなかったことを現世で経験し成長を重ねる人もいれば、上記で紹介した女性のように前世では果たすことができなかった想いを果たすために転生する人もいます。一人一人が理由や意味、使命を持って現世に転生し、今を生きています。前世の経験や学びをより一層、大切にすることで現世、来世でのあなたの生き方も変わってきますよ。

前世から学ぶ「自分の生きる意味」

前世や現世、来世と壮大なお話で、一種のファンタジーのように聞こえるかもしれません。現代社会では「なぜ自分は生まれたのだろう」「存在する価値はあるのだろうか」と漠然とした不安を抱えて生きている方多くいらっしゃいます。誰もが「使命を果たすため」「成長するため」に現世に転生し今を生きているので、そういう悩みを抱えている方にこそ、前世占いや霊視を試し、自分の本当の生きる意味を知ってくださいね。