【西洋占星術】ホロスコープ12星座の役割や性質、特徴を知る

月間星占い, 占い全般
【西洋占星術】ホロスコープ12星座の役割や性質、特徴を知る

12星座のことを専門用語では12サインと呼びます。「人間の成長のプロセス」をあらわす、各12サインの役割、性質、ポジティブな特徴や逆にネガティブな特徴を理解すればホロスコープをぐッと身近に感じられるはず。月間星占いの鳥乃木色さんが解説します!

執筆占い師:鳥乃木色さん
10代に占星術と出会って価値観が一変。学べば学ぶほど広く深い占星術の世界に魅了され、気が付けばプロの占星術師へ。他にはテディベア作家という一面も。自称“マイペース占星術師”です。

12サインの意味は?

12サインの意味は?

占星術では、地球を中心に据えてその周りの位置を決めていきます。黄道(太陽が通る道)の春分点を起点に、30度ずつ12等分します。その12個の場所のあたりに見える星座の名前をつけたものが12サイン(12宮)となります。

12サインは日本語では黄道一二宮(こうどうじゅうにきゅう)と呼ばれ、英語ではZodiac (signs)と呼ばれます。この12星座は獣にちなんだ星座名が多かったために、Zodiac=獣帯と呼ばれており、それぞれ天体が通っていくときの宮殿となるのです。

しかし、現在の春分点の場所とホロスコープが編み出された頃の春分点は、72年に一度の歳差運動によりかなりずれてきてしまっている為、ホロスコープで決めている12サインの位置と、実際の星座との場所は、本当はかなり違います。

12サインで呼ばれる星座は、場所、空間を示す名称

よって、占星術では実際の星座とは分けて考え、~~座と呼ばず、~~サイン、~~宮と呼ぶ人もいます。12サインで呼ばれる星座は、場所、空間を示す名称であり、実際の星座そのものではないのです。

その上で、古来より12サインには様々な性質や天体が関連付けられ、今日の12星座占いなどに続いているということを理解していただけたらと思います。この記事ではホロスコープをリーディングする時に必要な各サインを12サインの中での役割や性質、特徴をご覧ください。

【おすすめホロスコープ鑑定】
弥宵 1ヶ月の総合占い
鳥乃木色 あなただけの、精油と天然石をホロスコープよりお知らせします
サイキックヒーラーtia あなたの全てを鑑定!星に定められたメッセージを解説します★

牡羊座】アグレッシブでパワフル!

【牡羊座】アグレッシブでパワフル!

牡羊座の役割・性質

物事の一番始まりの場所です。無から有へと転じたその瞬間、アイディアやインスピレーションが湧いた時、何かが発生するその勢い、瞬間そのものが牡羊のサインの性質といえます。12サインは螺旋状に続いていくとされています。魚のサインの全てを統括した混乱の世界から、抜け出して、はじまりを宣誓する牡羊のサインはとてもアグレッシブでパワフルです。

牡羊座の特徴

とにもかくにも、一つの方向にピュアな勢いの良さを持つ牡羊座。物事を発生させる、爆発力は素晴らしい物です。ですが、同時に周囲に無頓着な側面があります。あまりにも周囲に無頓着である場合、周囲からの理解が得られず、上手く働くことが困難なこともあるでしょう。

牡牛座】五感を使ってじっくり味わう

【牡牛座】五感を使ってじっくり味わう

牡牛座の役割・性質

牡羊で始まった純粋なエネルギーをこの世に留めていく役割を持ちます。この世界を五感を使ってじっくりと味わいます。周囲の人、物質全てを思考や気持ちではなく肉感的な感触で反芻(はんすう)をして、じっくりと自分の周りに留めていく、そんな肉感的な世界を牡牛のサインは持っています。

牡牛座の特徴

12サインの中で、もっとも五感に優れています。この世における物理的な心地よさ、豊かさにおける美しさを身体ごとで理解、つまり深く実感します。しかし、その喜びを他者と分かち合うことを忘れると、強欲になってしまったり、意固地な側面が出てしまったりすることもあります。

双子座】興味が赴くまま情報収集

【双子座】興味が赴くまま情報収集

双子座の役割・性質

牡牛のサインで肉体的な感覚を得て、いよいよ行動を始めるのが役割になります。双子のサインは多岐にわたる情報、そしてそれにまつわるコミュニケーション、情報の交換も得意です。周囲と情報を交換して行くことで、揺れ動く。そんな性質を双子のサインは持っています。

双子座の特徴

好奇心に長け、情報や流通をまかなっていくコミュニケーション、双子のサインは世の中を回していく為になくてはならない要素です。しかし、方向性を持たない好奇心は時として無益になりがち。また、落ち着きの無さから収集がつかなくなる不安感を呼び起こしてしまう、そんな側面を持っています。

蟹座】ピュアな感情を守り、育てる

【蟹座】ピュアな感情を守り、育てる

蟹座の役割・性質

双子のサインで行動したことによって、生まれた気持ちを育てていくのが役割です。蟹のサインはどの星座よりもピュアな感情、気持ちを示します。そしてその気持ちを守り、育てるスタートを切る所でもあるのです。

蟹座の特徴

蟹のサインは純粋な気持ちを腐らせることなく育てていきます。周囲に感化されることなく、フレッシュな気持ちを持ち続けることはとても素晴らしいことです。逆を言えばそれは感情の淀みや変化を受け入れないことでもあり、不純物として排除してしまうこともあります。他者から見た時、それはあまりにも限定的であり、排他的であることも少なくありません。

獅子座】堂々と自身を輝かせる

【獅子座】堂々と自身を輝かせる

獅子座の役割・性質

蟹のサインで育った気持ちを、今度は己の意思として安定させて体現するのが役割です。獅子のサインは魂の鼓舞を楽しみ、表現します。太陽が燃え盛るように、自分自身の輝きを安定させていくのです。

獅子座の特徴

獅子のサインは裏表がなく、堂々としています。寛大で大らかで、良く働いている時はとても頼もしい存在です。自分自身がしっかりと在り、揺らぐことのない輝きは人に希望をもたらします。しかし、あまりにも自身にフォーカスしすぎてしまうと、自己陶酔に浸っているように捉えられることがあります。

乙女座】冷静に分析して整理整頓

【乙女座】冷静に分析して整理整頓

乙女座の役割・性質

獅子のサインで、しっかりと自分自身を表現したところで、冷静に自他を分析して状況に整合性をとろうとするのが役割です。乙女座は詳細に状況を分析し、分類します。そして現実への小さな対処を繰り返すことで、現実を整えていくのです。

乙女座の特徴

乙女のサインは12サインの中で最も物事を細かく分けて捉え、行動することができます。細かく、詳細であることは、私たちの世界を整頓して、整えてくれます。完璧なまでに整頓された世界は良くも悪くも潔癖です。それは時には分けて捉えられないもの(例えば割り切れない気持ちや、物事のグレーゾーン等)を見失ってしまうこともあります。

天秤座】バランスをとりながら関わる

天秤座の役割・性質

乙女のサインで詳細に整えられた世界をもって、今度は他者や世界と出会い互いに影響し合うのが役割です。天秤座は、周囲の傾向、意見を捉え、全体的な調和に向かっていきます。他の対象との関りをスタートさせるのです。

天秤座の特徴

天秤のサインはとてもバランスをとる能力に優れています。美的感覚に働けば、素晴らしい構成能力、デザイン能力を発揮させますし、人との間に働けば素晴らしい社交能力、交渉能力を発揮します。ただ、全てに調和を図ろうとするということは、同時に全てにおいて迷いやすく、悩みやすくもあります。

蠍座】集中して一体化、変容させる

【蠍座】集中して一体化、変容させる

蠍座の役割・性質

天秤のサインで広がった世界を定着させるべく、深く気持ちの中に一体化させるのが役割です。蠍座は対象と一体化するかのように、対象に対し深い理解と洞察を得て、自身と対象物を変容させます。ここでいう一体化とは、言わばレベルの高い模倣みたいな物です。限りなく近づきますが、元々が別のものである以上、同じになる、一つになることはないのです。

蠍座の特徴

蠍のサインのもつ、物事への理解の深さは、12サインの中で最も高いといえるでしょう。高い集中力や探求心をもって、その対象そのものになるほど追求して、理解を体感するのです。しかし、その集中力は他者から見ると理解不能であることもありますし、そのエネルギーが注がれる対象がそれを望まないこともあります。

射手座】楽天的に信念と共に上を目指す

【射手座】楽天的に信念と共に上を目指す

射手座の役割・性質

蠍のサインで、対象へ理解を深めたところで、そこに広がりと高みをもたらし、方向性を見出すのが射手座の役割です。素朴で楽天的、善良さを信じます。信じて前進するための心持ちを調整し、信念や、信仰心をも示します。今いる場所から上を目指すということは見聞を広げるということでもあり、博学です。

射手座の特徴

射手座は哲学的な精神を持ち、向上心と広い視野、自由な感性を持っています。人間が確証もなく前に進めるだけの希望や信念を与え、常に先があることを示してくれます。ですが、具体性がなく、手の届くことのない絵に描いた餅として、実際に行動するにはプランとしては抽象的過ぎることもあるでしょう。

山羊座】諦めずに現実的に行動

【山羊座】諦めずに現実的に行動する

山羊座の役割・性質

射手のサインで広がった可能性を、現実にしていくために行動するのが役割です。あらゆる可能性も現実するためには様々なことを削ぎ落とす必要があります。そして、物事を実現するには決して諦めず、行動する必要が出てきます。そのような厳しい選択を不屈の行動力で進めていきます。

山羊座の特徴

山羊のサインは最も現実を動かす為の地に足の着いた社会性を持ち、物事を積み重ねることの意義を理解しています。千里の道も一歩から、というように、小さな努力と行動が、時間をかけることによって素晴らしい功績を作り上げていきます。しかし、現実の身を見つめすぎると、物事は時に冷酷と感じられることもあります。

水瓶座】未来を見据え意識を改革

水瓶座の役割・性質

水瓶のサインは山羊のサインで作り上げた現実の価値観を塗り替えて、人の意識に定着させていくことが役割です。揺らぐことのない土台から作り上げられたものを変化させていく、最初に意識から起こります。未来を見据え、不要なものを切り捨て、新しい意識を据えていきます。

水瓶座の特徴

水瓶のサインは、社会の中で新しい価値観を打ち出す唯一無二のサインです。社会という、ままならない事も多い世界の中で、常に意識の改革を打ち出します。友愛、博愛精神に満ちています。しかし、誰にでも平等であるということは、特別性を撤廃した世界でもあり、そこに虚無を見出すこともできるでしょう。

魚座】全てを愛で包み込み発信する

魚座の役割・性質

水瓶のサインで定着した新しい意識の中で、そこに存在する全ての気持ちを受け入れ、発信する役割になるのが魚座です。その場にちょうど良い空気になって、埋めてくれる感じです。新しい意識には新たな感情が必要でしょうか?新しい感情と古い感情の差は何でしょうか?全ての気持ちは愛が根幹にあります。そんな複雑で曖昧さをはらんだ感情そのものなのです

魚座の特徴

魚のサインはこの世界全体を包む、愛であり感情を体現します。清濁併せ持ち、成熟した感情は、どんな人にも注がれる慈悲深さがあります。しかし、方向性を持たず、良いものも悪いものもはらんでいる、ということは時として混乱を生みます。そして、過剰なる優しさは時として弱さにも繋がりかねません。

12サインは人間の“成長プロセス”

12サインは人間の成長のプロセス

12サインの持つ意味を説明してみましたがいかがでしょうか?12サインには仕組みがあり、本来12サインを2、3、4つに傾向を分け、掛け合わせて考えます。今回は初心者に向けて、人間の成長のプロセスとリンクする、という考え方に基づいて説明してみました。

12サインは太陽の通り道である黄道を12個に分類しているため、どうしても12星座占い、太陽星座占いから離れにくい傾向があります。ですが、占星術というのはこの12サインの分類に加えて、10の天体を使ったものとなります。

この12サインの説明も、太陽の入った状態ではないので人の人格を決めつけるものではなく、天球上の空間を切り取った時のその場所を純粋に象徴する意味だと、受け取ってもらえれば幸いです。興味がある人は、改めて調べてみると面白いと思います。